MENU

どうして低体温になるの?その理由を徹底解説

人の体温は通常は37〜38度でたもたれています。
これは外気が暑かろうと寒かろうとほぼ一定になっているものです。

 

どうして低体温になるの?その原因
「低体温」というのは体温が36度未満になっている状態を指します。
このとき体は免疫機能が低下し、病気にかかりやすくなっています。

 

ただ「低体温」というと、冬の登山などで遭難したときなどにかかる・・・というイメージがあるかもしれませんが、
現代は昔に比べて冷房の発達、アルコール飲料の過剰摂取などによって体温が下がりやすくなっているといえます。
さらに普段から不規則な生活をしている場合などはなおさら低体温に陥りやすくなります。

 

もともと人間の体はさまざまな栄養を血液や神経を使って体中にめぐらせ、手足を動かしています。このときに熱が発生するために、健康な人は体があたたまっているわけです(スマホをしばらく使っていると熱くなるのとほぼ同じ原理です)。

 

しかし不規則な生活や不健康な食生活などで血液量が減っていくことによって、カラダに栄養がいきわたりづらくなってしまうと、必然的に熱がさがってしまうのです。

ストレスと低体温の関係

また、ストレスも低体温も大きくかかわりがあります。
ストレスによって生じるのは自律神経への影響です。

 

自律神経というのは呼吸や消化、汗や生理関係など、カラダのあちこちをコントロールしている、生きていくために必要不可欠な神経です。これらがストレスの影響を受けると、血管が収縮して満足に機能しなくなってしまいます。
どうして低体温になるの?その原因

 

まず心拍数が増加します。よく更年期障害に「動悸が激しい」というものがありますが、これに近いものがあります。
また血液が行き渡らないために皮膚や胃腸がうまく動かず、顔色が悪くなったり消化不良になったり、疲労がなかなか抜けないなどの症状が現れます。

 

本来低体温になっても、自律神経がしっかりしていればすぐに元の状態に戻るものです。
ところがストレスが作用しているとどうしても低体温を抑えられず、気付いた時には重度の低体温症になってしまっていることがあります。

 

低体温を防ぐためには、疲労や消化不良を感じた時点で自覚することが必要です。
必要なのは適度な運動や睡眠、そしてビタミンとミネラルです。

 

ビタミンやミネラルの摂取のために食事するのはもちろんのことですが、どうしても必要な量を得るには無理が生じます。
そこで必要になってくるのが低体温に効果のあるサプリなのです。