MENU

低体温はサプリで改善するのがおすすめ☆

低体温にはサプリ?
このサイトでは、
「なぜ体温が低くなってしまうのか」という根本的な問題から、
「どうやって治したらいいのか」「そのためには何が必要なのか」ということを、シンプルながら詳しくまとめています。

結論から言うと、必要なのは栄養分の補給と血流の正常化です。
この「栄養補給」に必要なのがサプリメントです。

ここでは厳選した低体温の改善に効果のあるサプリメントをご紹介します。

 

高麗のめぐみ(フロムココロ)の特徴

サポニン量が紅参の7倍の黒参を使用!
たった2粒で300mgの高麗人参を配合!
毎月300名限定の70%OFFキャンペーン価格1980円(66円/日)!
10日間の返金保証付き&継続購入の縛りなし!


素材のクオリティと低体温への実感力、安全性にこだわっている高麗人参サプリです。
紅参&黒参という2種類の高麗人参を使用しており、紅参は高麗人参の中でも最高級品の6年根のみを使用し、サポニン量が5-10倍の黒参を使用しています。
更にそれらを効率良く体内へ吸収させるため、ミツバチの巣におおく含有しているプロポリスを配合させ、高麗人参のパワーをしっかりとガードし、体内へ届けます。これにより身体中のめぐりが良くなり、低体温への効果が実感できます♪

価格 6580円⇒定期初回1980円
評価 評価5
備考 10日間安心返金保証!継続の縛り無し(1ヶ月で解約可能)
 

高麗美人(ていねい通販)の特徴

万能薬といわれる高麗人参を使ったサプリ!
ソフトカプセルなのでとても飲みやすい!
効果が出なかったら安心の30日返金保証!

もともと高麗人参は栄養ドリンクや漢方薬にも使われており、血流を良くする効果があります。もちろん低体温にも絶大な効き目があります!
大きいカプセル型のサプリは苦手・・という方でも、高麗美人はまるでグミのようなソフトカプセルのため、飲み易いです。本来高麗人参は国産のものでは値段が高く手に入りづらいのですが、「高麗美人」は最初の一カ月分の値段が2570円とお安いのが特徴的です!

価格 3024円⇒定期初回2570円
評価 評価4
備考 30日間の返金保証付き!継続の縛り無し!
 

美めぐり習慣(さくらの森)の特徴

血液に必要な鉄分などの栄養をしっかり含む
鉄分の中でも吸収されやすいヘム鉄を摂取できる
粒が小さくてとっても飲みやすい!

貧血ぎみの方にもお勧めできるサプリですが、鉄分を摂取することは血流を良くすることに繋がるため、低体温にも効き目があります。
肩こり、生理不順などに悩む方にもおすすめ。また、粒がとても小さいので「カプセル型はちょっと・・・」という人にぴったりのサプリメントです。
現在、最初の一カ月をお試しできるパックが、通常価格3980円のところ驚異の66%OFFの1480円のキャンペーン中!

価格 4298円⇒定期初回1480円
評価 評価3
備考 15日間の安心返金保証!継続の縛り無し!
 

αGヘスペリジン(江崎グリコ)の特徴

体への吸収が服用後1時間と早い!
みかん30個分のヘスペリジンを凝縮!
なんと最初の一カ月1000円という安さ!
冬に食べたり、お風呂にいれる果物として定番であるみかん。実は体をあたためる効果があるからこそ古くからよく食べられるわけですが、このみかんに含まれるポリフェノール、「ヘスペリジン」に秘密が隠されていたのです。
しかもαGヘスペリジンは通常のヘスペリジンに比べ、グリコの長年の研究により体内に吸収されやすくなるようになっています。その吸収のされやすさは服用から一時間程度という速さで、ここまで効き目のはやいサプリは非常に少ないです。
30粒(一日一粒で一か月分)が通常価格2000円のところ1000円と半額の値段で購入できます。しかも送料無料!

価格 通常価格2000円→1000円
評価 評価2
備考 1日1粒でみかん30個分のヘスペリジン配合!
 
金時しょうが粒(サンワ食研)の特徴

昔から冷えは万病のもとと言われるだけに、普段から身体を温める習慣をつけておく必要があります。 現代の生活は非常に多忙化していることから、不規則な食生活が問題視されています。 今の人たちの食事を見ていると、お総菜やインスタント食品といったものを多くとっている傾向にあります。 それらの食べ物は美味しくできていますが、ビタミンやミネラル等人の体に必要な栄養が不足しています。 さらにインスタント食品をたくさん取ると、活性酸素を増やし冷えの原因に繋がることがわかっています。 現代人の健康が心配されるなかで、金時しょうが粒が冷え対策に効果的と言われます。 通販で購入が可能な金時しょうがの特徴として、普段食べている生姜よりも体をあたためるパワーがアップしています。 日常的に冷えが気になる人たちに金時しょうが粒はおすすめな健康食品ですが、効果を実感するためにも定期購入のお得なキャンペーンにて通常の半額価格で購入ができます。

価格
評価 評価3
備考
 
美健知箋ポリフェノール(ビーアンドエイチサトウ)の特徴

ユンケルなどで有名なサトウ製薬から発売されている美健知箋ポリフェノールは、長年に及ぶ和漢の研究を生かして生み出されました。 大手で、安心出来る成分を清潔を徹底した衛生管理の下で製造されている点でも信頼できます。 美健知箋ポリフェノールは、質のよい成分だけでなく、効果のあるバランスを考えた配合をされています。 身体を温める効果として有効な生姜と、血液をさらさらにする効果として有効なポリフェノールの組み合わせにより、血の巡りを良くしながら身体をポカポカにするこの時期には欠かせられない成分の組み合わせです。 美健知箋ポリフェノールに含まれているポリフェノールの特徴は、レスベラトロールという赤ワインに含まれている話題のスーパーポリフェノールであることです。 それだけでも、強い味方であるところに、プラスして高麗人参も含まれています。 高麗人参は、滋養強壮として有名な健康食品であり、代謝をアップさせます。 美健知箋ポリフェノールは、良心的な価格でありながら、定期便にすると初月割引されるキャンペーンもしているのでお得です。

価格
評価 評価3
備考

どうして低体温になるの?

そもそも低体温はかつては雪山や極低温の気候に長くさらされると起きてしまう症状とされることが多いものでした。

 

しかし、都市に住む現代人であっても低体温になる可能性はあるのです。

 

本来通常人の体温は37度前後で一定しているはずなのですが、運動不足、あるいはアルコールの摂取や喫煙、ふだんの飲食生活などが影響して35度程度の低体温になってしまうことがあります。

 

人の体温が低くなると意識が遠のいたり貧血になったりしはじめ、さらに病気にかかりやすくなります。
これはカラダの栄養分を届けるための血液が正常に動かなくなり、脳や臓器がエネルギー不足になってしまうことによって引き起こされるのです。

不整脈やなかなか回復しない疲労、不快感なども伴います。
そのほかホルモンバランスが崩れ肌荒れがはげしくなったり、生理不順による痛みが何度もカラダを走ったりします。
また身体を病気から守り抜く免疫力が弱まってしまい、病気になりやすくなってしまいます。

 

低体温になるとこんな病気になる

恐ろしいのは、この「免疫力の低下」にあります。
ただ病気にかかりすいだけでなく、体温が低いために特定の病気の進行をゆるしてしまうこともあります。
なかでも不妊症、さらにはガンになることもあります。

 

低体温で不妊症やガンになるって本当?

妊娠のための活動に必要な熱が足りず子供ができるに至らないことや、
低温下でこそガン細胞の増殖を活発化してしまうことがその理由です。

 

女性の体は子供を産むために大変なエネルギーを必要としますが、このため妊娠した女性はエネルギーをたくわえ、使おうとする準備に入ります。
ところが低体温で体内の熱が少ないと女性の体はパワーが足りず、子供を産む準備ができなくなります。
結果として不妊症になってしまうのです。

 

またガン細胞は体温が低いと増殖しやすいという事実が最近の実験で明らかになってきました。
このように体温がさがるだけで大変な病気になってしまうのです。

 

低体温を改善するには

低体温は普段の生活によって引き起こされるものであるため、早期に症状を自覚できれば生活を改めることで予防できます。

 

一番手っ取り早いのはカイロなどを使ってカラダを温めること。
シャワーだけの生活からお風呂にゆっくり浸かるようにするのも効果的です。

また冷たいものの飲食を避け、ホットドリンクや熱の通ったものを食することを心がけます。
食べるものも栄養の摂取を考えてみましょう。
血流を良くし、体温を高めてくれる栄養はビタミンとミネラルです。

これらをバランス良く摂取できる食材を選びましょう。
もちろんすべての栄養を食事だけでまかなおうとすると無理があります。
そんなときはサプリメントを使ってみましょう。

 

カラダが自然と温まってくるような健康体になれば、病気の心配もぐっと減ります。

 

 

低体温の症状を放置するとどうなる?

低体温状態を放置してしまうと、女性の場合は妊娠しにくい体になってしまうということがあげられます。また、生理が不順になってしまって体調不良が続くようにもなってしまいます。女性の体は女性ホルモンの働きに左右されるともいわれ、イライラしたり疲労がたまったり、なんとなくけだるい状態が続くというのもホルモンバランスの乱れが原因であることも多いです。症状はいくつか出る場合も多いですが、ケガや病気といったものでもないので、たいしたことがないとそのまま放置してしまうこともあるでしょう。低体温の状態をそのまま放置しておいても日常生活で困ることというのはさほどないですが、大人になって結婚して、妊娠したいと思った時になかなか妊娠しないことで悩むことがあります。いざ子供が欲しいと思っても、長く低体温状態になっていた体を元通りにするのは安易ではないので、早くから自分の基礎体温というのを知っておくと良いでしょう。基礎体温を測ることができる体温計というのもあるので、そういった簡単に使えるグッズを使ってみると良いです。また、低体温の人というのは冷えやすい体になっていることも多いので、冷え予防のために温かい食べ物を食べる習慣を身につけるようにすると良いです。低体温の人は体の内側から冷えていることも多いので、内側からあたためることができるように漢方を用いたり、薬膳茶などを飲むのも良いでしょう。内側から冷えない体質にならないと、どれだけ温かい衣服で体をあたためても効果がないことが多いので、体の内側からあたためられる方法というのも考えてみましょう。そして低体温を放置することは肌の老化にもつながるので注意です。低体温状態であるということは代謝も悪く血流も悪いということですから、肌色もくすんでみえますし、美容と健康にも良くないでしょう。早く老化が進んでしまうということも多いので、肌が老化しないためにも体温には気を付けましょう。

 

 

糖質制限と低体温改善って両立できる?


食生活で低体温を治そうとしても、今はやりの「糖質制限ダイエット」のためにどうしても踏み込めないという人がいるかもしれません。
たしかに米などの穀物を避け、豆腐や刺身などの冷たい食事が中心になりがちなダイエット食になってしまいがちです。
しかし糖質制限ダイエットはそもそも「どうしても摂取してしまう糖分を60g程度まで減らす」ことが目的であるために、その上限さえ守ればよいのです。
また、過度なダイエットによる食事制限こそがストレスを招き、低体温の一因となっていることもあります。
食材や調理法を選べばダイエットと低体温改善はしっかり両立できるのです。

 

低体温を改善する生活の仕方

冷え性と低体温は症状としては似ています。
ざっくり分けると「症状としての冷え性」があり、「低体温」になり、↑で説明したような病気になっていく、というような過程があります。

 

ですから、冷え性であることを自覚したら「自分は低体温で病気になるかもしれない」と認知することも大切なのです。
といっても冷え性は「手足が冷えたあと、なかなか通常の体温に戻りにくい」程度のものなので、サプリメントによる栄養の補給やお湯・カイロによる保温によって改善できます。

 

逆に冷え性を放ってしまうことは血管を低温によって収縮させ、栄養を体のすみずみに送る役割をせばめてしまうことになります。
ただカラダが冷たいだけ、と軽視してしまうと、動脈硬化や心臓への負担、ガンなどの重大な病気につながってしまう可能性もあります。

 

低体温を改善できる栄養分

低体温対策において一番重要なことは、カラダの内側からあたたまってくるようにすることです。
言いかえれば、本来人の体なら必ずある「熱を発生させる器官」をちゃんと動くようにすることが必要です。

 

そこで必要なのが血流の正常化、そして栄養分の補給です。
「血流の正常化」は、脳や臓器などを動かすための血液がしっかり行き渡るために必要なことです。
これには日々の適度な運動(ウォーキングやストレッチ)によって取り戻すことができます。

もうひとつの「栄養分の補給」によって体のエネルギーを取り戻します。
補給するのは「ビタミン」と「ミネラル」です。

 

しかし低体温を改善するために必要なビタミンやミネラルを食材で摂取しようとすると大変な量を毎日毎日食さなければなりません。

 

そこでサプリメントを活用して栄養分をとっていけばいい、ということになるのです。

 

低体温への対策とは?

低体温を改善するライフスタイル

低体温になる原因を読むとわかりますが、ふだんの生活から引き起こされるものです。
またウィルスや病原菌によって引き起こされるものではないので、薬を飲むだけで一発で治る、というものではありません。
逆にいえば、ライフスタイルさえ変えてしまえば治せるということです。

 

やるべきこと
  • 一日20分でもいいので運動する
  • 重ね着して身体をあたためる
  • シャワーだけでなくお風呂に入る
  • 睡眠時間の確保

 

避けるべきこと
  • 飲酒や喫煙。血管を収縮させるため
  • 朝食を抜くなどの強引な食事制限
  • 一日一食などの無理なダイエット

 

 

 

低体温改善のためにやるべきこと

適度な運動、カラダをあたためること、お風呂に睡眠。
当たり前のことながら、低体温をなおすには非常に重要なことです。

 

まずは正常な生活習慣をすることで健康的なカラダを取り戻しましょう。

適度な運動というのはウォーキングやストレッチです。
少しきつい程度で構いません。女性は男性よりも筋肉が少ないことが多いために体温を保存できないことがあります。
また現代は鉄道や自動車のために運動量が格段に減りやすい時代でもあります。
また低体温という症状じたい内面から起きているものなので、治すことも内面からやっていかなければなりません。
運動すれば人の体は自然とあたたまります。

 

また普段の生活でも重ね着をするなどして表面からもあたためていきましょう。
ただし靴下をきつく履くのはNGです。
血管を締め付けてしまい、ますますカラダを冷やしてしまう恐れがあります。
やわらかく包み込むタイプの衣服がいいでしょう。

 

早くすませようとお風呂に入らずシャワーだけ浴びる人も多いですが、浴槽につかることで芯からあたたまることができます。
また半身浴は汗をかくことにつながり、体温調節機能を復活させます。

 

最後に睡眠です。睡眠不足は万病のもと。
多忙やネットなどの娯楽のために眠る時間を削る人も増えていますが、運動不足にあわせて不健康になってしまいます。
しっかり寝てカラダを休ませましょう。

 

このような生活態度だけで格段に低体温を予防することができます。

 

 

低体温改善のために避けるべきこと

一部の人には悲しいことかもしれませんが、飲酒や喫煙は低体温につながります。

 


アルコールを飲むとあったまる!と思うかもしれませんが、それは一時的なもの。
むしろ体内の熱を使ってしまってあとでなおさら体温を下げてしまいます。
またタバコを吸うことは血管の収縮につながり、血液の循環をさまたげてしまいます。

 

ほかに朝食の制限、ダイエット食のとりすぎなどがあります。
一時期「バナナだけ」「納豆だけ」という一品ダイエットが流行ったことがありますが、あれは効果があったとしてもやはり一時的なものにすぎず、栄養の偏りがあらわれて逆効果になってしまいます。

 

ビタミン・ミネラルの不足も低体温の原因のために、三食無理なくたべていきましょう。

低体温対策に必要な栄養分とは?

体温が低くなっただけなのだから、温めるだけで低体温はすぐに治るのでは?
そう考える方も多いでしょう。

 


しかしここに大きな間違いがあります。
もともと人は体温が上がるようにできています。
低体温になってしまったということは、「体を温める機能がうまくいっていない」ということなのです。
ここに原因があるために、体温を上げるメカニズムを復活させない限り低体温が治ったことにならないのです。

 

「どうして低体温になるの?その原因」で解説していますが、人体に必要なのは血液の循環。これによって栄養分がいきわたり、熱が発生するのでした。

 

この循環を助けることで体温が上がる機能が復活します。
もちろん入浴や汗をかく運動なども有効な対策ではありますが、やはり栄養分も重要なゾーンを占めています。

 

低体温を引き起こすのはビタミン、ミネラルの不足です。
ではなぜこれらの不足が体温を下げてしまうのか?
ポイントは「ブドウ糖」です。

 


本来体は食物からとったブドウ糖を分解することで熱やエネルギーを得るのですが、この分解に必要なのがビタミン・ミネラルなのです。
これがなくなることでブドウ糖は体に吸収されず、たまるばかりになってしまいます。
しかも熱は発生しないままなので体温は下がっていく。

 

こんな理由で、低体温の人はやせにくい体になるばかりか、分解されなかったブドウ糖のために糖尿病のリスクさえ抱えてしまうのです。

 

ですから低体温を治療するには栄養分を確保し、ブドウ糖から熱を作り出しやすい環境を整えていく必要があります。

 

それでは、どんなものを摂取すればビタミン・ミネラルを補給できるのでしょうか?

 

ビタミンを多く含むものとして豚肉があげられます(牛肉は逆に体温を下げるはたらきがあるため、控えましょう)。
またタマネギ、ニンニク、ショウガがあります。
これらをあわせて作る料理としては、カレーが挙げられます。

 

ミネラルは海藻類、ワカメや昆布などによく含まれます。

 

ビタミン・ミネラル両方を多く含むものとして、牡蠣(カキ)やホウレンソウがあります。

 

もちろん野菜をそのままサラダなどにするよりは、ゆでて温めるなどするとよいでしょう。

低体温を漢方で治そう!


苦いというイメージがつきまといますが、漢方をうまく使うと低体温を改善できます。
自然界は広大な薬の宝庫であり、昔の人々は試行錯誤の末それらにどんな効能があるかを調べていました。

 

決してそれは事実無根ではなく、植物科学が発達した現代においても裏付けはしっかりととれています。

 

低体温には人参湯や当帰芍薬散が効果的です。
これらはカラダをあたためるだけでなくホルモンの分泌を整える、あるいは血流を正常化させる、熱が出やすくするよう発汗作用を持つなどの特徴があり、使い方さえ正しければ低体温のあなたをしっかり治すことができます。

 

低体温に効果的な漢方

ここでは漢方によって治す方法をご紹介します。

 

漢方は様々な効能のあるものがありますので、あなたが低体温のどの状態にあるかによって飲むものが変わってきます。

 


低体温になるには次の段階があります。

 

@生活習慣の悪化によって体が冷やされる
A血管が収縮するなどして栄養がいかなくなる
B神経がカラダを調整できなくなってくる
C体温が低下。免疫力がさがって病気になりやすくなる

まだ低体温症状の弱い@ABであれば、漢方で改善することは可能です。
ここでは「冷えた体をあたためる」「血液の流れを助ける」漢方をご紹介しましょう。

 

体が冷やされるのを防ぐ漢方

やはり体があたたまっていれば低体温は避けることができます。
そこでおすすめしたいのが「人参湯」。「にんじんとう」と読みます。

 


↑このニンジンとは別物です(笑)
胃腸の働きを助ける漢方として有名ですが、冷え性にも効果的です。
もともとニンジン(この場合は高麗人参などを指します)は薬として昔から使われてきた、非常に体に良い薬草でもあります。
滋養強壮にすぐれており、下痢がひどい人、風邪をひいている方に処方されます。

 

また、「桂枝湯」もおすすめです。「けいしとう」と読みます。
こちらは発汗作用があるために、汗をかきづらい方などにおすすめです。
風邪をひきはじめて悪寒が走るときにも使われますが、冷え性にも最適です。

 

 

血管の収縮を防ぐ漢方

タバコを吸ったりアルコールを飲んだりすると血液の収縮をまねき、体の栄養を妨げることになります。血流をよくするには、古くから女性のための漢方として有名な「当帰芍薬散」がおすすめ。
「とうきしゃくやくさん」と読みます。

 

血行をよくし、貧血を治し、生理不順や不妊症にも効果のある漢方です。
「当帰」というのは春の七草のセリの一種で、体をあたためる役割を果たします。
「芍薬」というのは花のボタンの仲間で、血管の働きを助ける役目があり、葛根湯にも含まれています。

 

当帰芍薬散はこのほかホルモンバランスの調整にも役立つために、「女性の聖薬」とまで呼ばれています。

 

血液の流れをよくするものはほかに「温経湯」があります。「うんけいとう」と読みます。
月経トラブルや肌がカサカサする方に処方されることが多い漢方ですが、これも血行をよくする働きをするからです。

 

 

漢方の効果的な飲み方

漢方が体にいいからといって、ただ飲めばいいというものではありません。
タイミングや服用のしかたを考えなければ効果が出ないこともあります。

 

おすすめしたいのは空腹時にお湯に溶かして飲むこと。
お腹がすいているということは胃袋が空になっており、栄養分を吸収しやすい状態になっています。このときに漢方を服用すると、ほぼ確実に体が栄養を吸収してくれるはずです。

 

 

身体の隅々まで血が巡り、身体中ポカポカ♪

低体温サプリdhc
dhc
低血圧
サプリ
金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイ
ビタミンE
ビタミンC
低体温症
サポニン
直腸温度
副交感神経
低体温改善サプリ
低体温サプリ
ホルモンバランス
高麗美人
生姜

ビタミンC・葉酸
低体温 改善方法
低体温 改善 食べ物
低体温 改善 自律神経
低体温 改善 食事
低体温 改善方法 食事
低体温 改善 サプリメント
低体温 改善 運動
低体温 改善 漢方
低体温 改善方法 運動
低体温 改善方法 漢方
低体温 改善方法 子供
低体温 改善 男性
低体温 改善 ストレッチ
低体温 改善 カイロ
低体温 改善 期間

低体温 改善した
子供 低体温 改善方法
低体温 改善 食べ物
低体温 治す 食べ物
低体温 頭痛 食べ物
低体温 効果 食べ物
子供 低体温 食べ物
低体温 冷え性
低体温 冷え性 違い
低体温 冷え性 改善
低体温 冷え性ではない
低体温 冷え性 妊娠
低体温 冷え性 原因
低体温 低血圧 冷え性
冷え性 低体温 漢方
冷え性 高血圧 低体温

冷え性改善 低体温
低体温 サプリ
低体温 サプリ
低体温 サプリメント
低体温 サプリメント
低体温サプリdhc
低体温 サプリ dhc
低体温 対策 サプリ
低体温 不妊 サプリ
低血圧 低体温 サプリ
低体温 飲み物
低体温 改善 飲み物
低体温 生活習慣病
低体温 生活習慣
低体温 生活
低体温 原因

低体温 原因 改善
低体温 原因 病気
低体温 原因 食事
低体温 原因 男
低体温 原因 高齢者
低体温 原因 男性
低体温 原因疾患
低体温 原因 救急
低体温 原因 老人
低体温 原因 女性
低体温 原因 看護
低体温 原因 突然

 

-